バイオ燃料会社の3人在宅起訴=上場廃止回避で粉飾決算―東京地検

時事通信 / 2019年3月22日 16時39分

上場廃止を避けるため決算を粉飾したとして、東京地検特捜部は22日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)罪で、ジャスダックに上場していたバイオ燃料事業などを営む「ソルガム・ジャパン・ホールディングス」(東京都品川区)の実質経営者ら3人を在宅起訴し、法人としての同社も起訴した。在宅起訴されたのは、同社の池畑勝治・実質経営者(52)、赤尾伸悟・前代表取締役(50)、中原麗・代表取締役(44)。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング