スペイン国王と法王は謝罪を=侵略500年でメキシコ大統領

時事通信 / 2019年3月26日 9時57分

【サンパウロ時事】メキシコの左派ロペスオブラドール大統領は25日、旧宗主国スペインの国王フェリペ6世とフランシスコ・ローマ法王に対し、3世紀にわたった植民地時代の人権侵害を謝罪するよう求めたことを明らかにした。今年は1519年にエルナン・コルテス率いるスペイン人が侵略を開始して500年。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング