ボーイング新型機が緊急着陸=離陸10分後、エンジンに異常―米南部

時事通信 / 2019年3月27日 7時37分

【ニューヨーク時事】米メディアによると、26日午後3時(日本時間27日午前4時)ごろ、米サウスウエスト航空のボーイング新型旅客機「737MAX」が南部フロリダ州のオーランド国際空港を飛び立った直後にエンジンの異常に見舞われ、同空港に引き返して緊急着陸した。カリフォルニア州の空港施設に保管するための飛行で乗客はおらず、パイロット2人にけがはなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング