台湾東部で地震、1人重体=花蓮の太魯閣で落石

時事通信 / 2019年4月18日 17時35分

【台北時事】18日午後1時(日本時間同2時)ごろ、台湾東部の花蓮を震源とする地震があった。中央気象局によると、震源の深さは18.8キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.1。景勝地の太魯閣(タロコ)渓谷では、観光に来ていたマレーシア人男性が落石で下半身を負傷し、重体。台湾人女性も頭部にけがをした。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング