スリランカで連続爆発、207人死亡=教会とホテル、日本人複数負傷の情報

時事通信 / 2019年4月21日 21時47分

【ニューデリー時事】スリランカの最大都市コロンボなどにある複数のキリスト教会や高級ホテルで21日、連続的に8件の爆発があり、ロイター通信によれば、警察は207人が死亡、450人が負傷したことを明らかにした。日本外務省によると、複数の日本人が負傷したという情報がある。教会はイースター(復活祭)を迎え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング