マクロン大統領、ゴーン被告に言及=日仏首脳会談

時事通信 / 2019年4月23日 22時32分

【パリ時事】フランスのマクロン大統領は23日の日仏首脳会談で、4度目の起訴をされた日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告について言及した。発言内容は明らかにされていないが、長期の勾留などに懸念を示したとみられる。会談に同席した西村康稔官房副長官によると、首相は日本の刑事司法について「独立性の高い捜査機関により、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング