品質不正の発覚止まらず=日立化成とフジクラ

時事通信 / 2019年4月25日 20時39分

日立製作所の子会社である日立化成は25日、昨年発覚した品質不正を受けてグループ企業を追加調査し、素材2製品で新たな不正が見つかったと発表した。また電線大手のフジクラも不正の件数が倍増したと説明しており、素材大手の品質不正の発覚が止まらない。不正が見つかったのは、浪江日立化成工業(福島県浪江町)が生産する部品の隙間を埋める「樹脂パッキン」と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング