中国、半導体業界の人材不足が深刻=米禁輸で浮き彫り

時事通信 / 2019年5月21日 16時35分

【北京時事】中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)と米企業の取引を原則禁止する米制裁措置を受け、米半導体大手が同社との取引停止を決めたことが波紋を広げている。ファーウェイは強気の構えだが、背後では国内半導体業界の深刻な人材不足が浮き彫りになっている。米メディアによると、インテルやクアルコムなど米半導体メーカー4社が部品供給停止の社内通知を出した。ファーウェイは年間700億ドル(約7兆7000億円)の部品調達のうち、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング