米、中国監視カメラ企業も制限か=ファーウェイに続き警戒―報道

時事通信 / 2019年5月22日 18時39分

【ワシントン、北京時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は21日、トランプ政権が中国の防犯・監視システム最大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)の製品が米国の利害を損なう恐れがあるとして、米企業による取引の制限を検討していると報じた。通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)制裁に続き、米中関係の懸案になる可能性がある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング