西之島、面積微増=領海、EEZも拡大―国土地理院など

時事通信 / 2019年5月22日 15時30分

国土地理院と海上保安庁は22日、東京都心から約1000キロ南の小笠原諸島・西之島について、2018年12月時点の面積が2.89平方キロになったと発表した。国土地理院などによると、火山活動で噴出した溶岩などにより、2年前の16年12月時点と比べ、0.17平方キロ増えた。面積増加により、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング