標本持ち出し邦人に執行猶予=大使館に月1回出頭義務―エクアドル

時事通信 / 2019年5月24日 8時54分

【サンパウロ時事】南米エクアドルの裁判所は23日、昆虫などの標本を無許可で日本に持ち出そうとして逮捕され、禁錮2年の有罪判決を言い渡された20代の日本人の男に対し、執行猶予を認めた。男は帰国できるが、在日エクアドル大使館への月1回の出頭や就労などが義務付けられた。猶予期間は1年で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング