帯広38.3度、5月の記録更新=北海道から近畿、熱中症警戒―気象庁

時事通信 / 2019年5月26日 13時16分

日本列島は26日、高気圧に覆われて朝から晴れた所が多く、各地で気温が上昇した。気象庁によると、正午までに北海道帯広市で38.3度を記録。5月として全国の観測史上最高気温を更新した。北海道で5月に35度以上の猛暑日となるのも初めて。これまでの5月の最高気温は、埼玉県秩父市の秩父観測点で1993年5月13日に記録した37.2度だった。気象庁は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング