欧州議会選、反EU勢力伸長=主流2会派、初の過半数割れ

時事通信 / 2019年5月27日 11時47分

【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州議会選挙(定数751)は26日、加盟全28カ国で投票を終了した。各国の開票結果などの集計(27日未明時点)によると、ポピュリズム(大衆迎合主義)的な政策を掲げる極右政党などの反EU勢力が伸長。主流である親EU勢力の中道右派・左派は初めて合計で過半数を割り込む見通しとなった。反EU勢力は3割程度の議席を得る見込み。ただ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング