北朝鮮ミサイル「なお分析中」=ボルトン氏発言で韓国大統領府

時事通信 / 2019年5月27日 16時13分

【ソウル時事】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射を「国連安保理決議違反だ」と批判したことについて、韓国大統領府当局者は27日、「韓米軍当局は依然として、ミサイルに関して(種類などを)分析中だ」と記者団に述べた。弾道ミサイルとはまだ断定していないという立場を強調した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング