豊田社長、「大変革期」強調=競争激化に危機感―トヨタが株主総会

時事通信 / 2019年6月13日 11時21分

トヨタ自動車は13日、愛知県豊田市の本社で株主総会を開いた。2009年6月の就任から丸10年を迎えた豊田章男社長は「自動車産業は100年に1度の大変革期を迎えている。将来のモビリティー社会を築きたい」と強調。電気自動車(EV)や自動運転など次世代技術の開発競争の激化に危機感を示した上で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング