内閣不信任、見送り検討=立憲、「不意打ち解散」警戒―首相問責案で代替も

時事通信 / 2019年6月17日 19時43分

立憲民主党は17日、内閣不信任決議案の今国会提出を見送る方向で検討に入った。枝野幸男代表が19日の党首討論を踏まえ、最終判断する。参院選を控えていることから、同党内では参院に安倍晋三首相問責決議案を提出すべきだという意見が強まっており、枝野氏は他の野党との調整を急ぐ考えだ。政府・与党は26日までの国会会期の延長はしない方針で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング