「米国は感謝せずに宣伝工作」=タンカー攻撃でイラン大統領

時事通信 / 2019年6月19日 23時51分

【カイロ時事】イランのロウハニ大統領は19日、ホルムズ海峡近くで起きた日本の海運会社運航のタンカーなど2隻への攻撃について「(米国は)イランの人道的な動きに感謝して謝罪するどころか、政治ゲームとプロパガンダを始めた」と述べ、「イラン犯行説」を主張する米国や英国、サウジアラビアなどを批判した。大統領が13日の発生後、攻撃に言及するのは初めて。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング