米無人機撃墜は「イラン領空」=タンカー攻撃も疑問―ロシア

時事通信 / 2019年6月25日 19時36分

【エルサレム時事】ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記は25日、訪問先のエルサレムで、米国の無人偵察機がイランに撃墜された問題について、ロシアが把握している情報によれば「撃墜の際、無人機はイランの領空を飛行していた」と述べた。ロイター通信が伝えた。撃墜をめぐっては、米国が「国際空域で起きた」と主張しているのに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング