ホルムズ対応、明言せず=米イラン緊張緩和に努力―菅官房長官

時事通信 / 2019年6月25日 10時50分

菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で、トランプ米大統領が日本などに対して中東ホルムズ海峡を通過する自国の石油タンカーは自国で守るべきだと主張したことについて「コメントは控える」と述べ、日本政府としての対応を明言しなかった。菅長官は「米国をはじめ関係国と連携しつつ、緊張緩和と情勢の安定化に向けて外交努力を継続していきたい」と語り、米イラン間の対立が激化しないよう努める方針を強調した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング