ホルムズ海峡でタンカー消息絶つ=イラン「支援要請受けえい航」

時事通信 / 2019年7月17日 7時46分

【カイロ時事】米国とイランの緊張が高まる原油輸送の要衝ホルムズ海峡を航行していたアラブ首長国連邦(UAE)の石油タンカー「リア」(全長約60メートル)が現地時間13日深夜、イラン領海内に入った後で消息を絶った。米各メディアが16日報じた。報道によると、タンカーはUAEのシャルジャに向かう途中で急きょ航路を変更。イラン南部ケシム島沖合を最後に位置情報の送信が途絶えたという。米メディアは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング