韓国政府に仲裁求める立場変わらぬ=西村官房副長官

時事通信 / 2019年7月17日 12時42分

西村康稔官房副長官は17日の記者会見で、韓国大統領府高官が元徴用工問題をめぐり日本が求める仲裁委員会設置を受け入れない方針を示したことについて「韓国政府に(日韓請求権)協定上の義務である仲裁に応じるよう強く求めていく立場に変わりはない」と述べた。日本が求める仲裁委員を任命する第三国選定の期限は18日で、西村氏は同日までに仲裁に応じるのが韓国政府の義務だと強調した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング