米、F35計画からトルコ排除=ロシア製ミサイル導入で

時事通信 / 2019年7月18日 7時7分

【ワシントン時事】米国防総省は17日、最新鋭ステルス戦闘機F35の多国間共同開発計画からトルコを排除すると発表した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国であるトルコがロシア製地対空ミサイルシステムS400の導入を開始したことに対応した措置。トルコが反発し、米国やNATOとの亀裂が拡大する恐れもある。ロード国防次官(調達・維持担当)は記者会見で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング