らせん階段脇で着火か=確保の男、数日前から現場に―京アニ放火・京都府警

時事通信 / 2019年7月20日 17時16分

京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオが放火され、34人が死亡した事件で、現場近くで確保された青葉真司容疑者(41)が建物内のらせん階段の脇で火を放ったとみられることが20日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警はガソリンによる「爆燃現象」が起き、炎と煙がらせん階段を通じて一気に上階に達して、中にいた従業員らが逃げ遅れた可能性があるとみて調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング