軍改革で「強軍へ歩み」=台湾統一、武力行使辞さず―4年ぶりの国防白書・中国

時事通信 / 2019年7月24日 12時26分

【北京時事】中国政府は24日午前、4年ぶりに国防白書を公表し、習近平国家主席(中央軍事委員会主席)が主導した軍改革について、「構造的矛盾の解決に力を入れ、強軍の歴史的歩みへ踏み出した」と評価した。貿易摩擦をきっかけに安全保障面でも米国と対立が深まる中、「世界一流の軍隊」を目標に掲げる習指導部は軍改革の成果を誇示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング