終戦記念日の黙とう呼び掛け=政府

時事通信 / 2019年8月14日 5時6分

政府は14日、終戦記念日の15日に全国戦没者追悼式を開催するに当たり、「戦没者をしのび、心から黙とうをささげられるよう切望する」との菅義偉官房長官談話を発表した。追悼式の意義については「戦禍に倒れた戦没者の尊い犠牲に思いを致し、全国民が深く追悼の誠をささげるとともに、恒久平和の確立への誓いを新たにしようとするものだ」と説明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング