大型の台風10号は15日、四国西部沿岸を北上し、午前11時すぎに愛媛県・佐田岬半島付近を通過した。夕方までに中国地方に上陸し、縦断して夜には山陰沖に抜ける見込み。西・東日本の太平洋側を中心に大荒れとなり、気象庁は大雨による土砂災害や河川の氾濫、暴風、高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。西日本沿岸は高潮にも警戒が必要。10号は17日未明までに日本海北部で温帯低気圧に変わり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング