「先住民」自称でウォーレン氏謝罪=米大統領選民主候補

時事通信 / 2019年8月20日 7時47分

【ワシントン時事】2020年米大統領選で民主党の候補者指名を争うエリザベス・ウォーレン上院議員は19日、根拠なく「米先住民」を自称してきたことを謝罪した。同氏は左派の有力候補として頭角を現しており、足かせとなってきた問題に決着を図った。ウォーレン氏は、アイオワ州で開催された先住民の集会で「誤りを犯した。私が与えてしまった苦痛に対して大変申し訳なく思う」と語った。先祖から口頭で伝えられた自分のルーツを信じていたと明かした。ウォーレン氏は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング