変貌する世界と日米安保体制=肉薄する中国、急激な軍拡―企画「矛と盾」(1)

時事通信 / 2019年8月21日 7時33分

冷戦が終結してから30年、世界の安全保障環境は再び大きく変貌しつつある。中国とロシアが急速に軍備を拡大。米国による事実上の一極支配を揺るがし始めた。トランプ米政権は対テロ戦争から大国間競争にかじを切り、「中国包囲網」構築を狙う。米国の「矛」と日本の「盾」から成る日米安保体制は今後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング