操縦席の窓にひび=高度1万3000メートル飛行中―日航

時事通信 / 2019年8月22日 18時43分

22日午前11時半ごろ、成田発中国・大連行きの日本航空827便(ボーイング787―8型)が日本海上空、高度約1万3000メートルを飛行中、操縦席の窓にひびが入った。同便は引き返し、成田空港に午後0時半ごろ着陸した。乗客乗員209人にけがはなかった。日航によると、窓はガラスやアクリルなど複数の層でできているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング