米カジノ大手サンズ、大阪撤退=誘致表明の横浜に照準

時事通信 / 2019年8月22日 20時54分

【ロンドン時事】米カジノ運営大手ラスベガス・サンズは22日、日本でのカジノを含む統合型リゾート(IR)に関して、大阪市での開発の機会を今後追求しないと発表した。横浜市がカジノ誘致を表明したことを受け、首都圏に照準を合わせる。サンズは米カジノメジャーの一角で、日本のIRでも運営業者として有力視されている。自治体がカジノ誘致に動きだす中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング