安倍首相在職、戦後最長に=佐藤栄作に並ぶ2798日

時事通信 / 2019年8月23日 0時4分

安倍晋三首相は23日、第1次政権を含む通算在職日数が2798日となった。大叔父の佐藤栄作と並ぶ戦後最長。政権を維持し続けた場合、11月20日に歴代1位の桂太郎(2886日)を超える。宿願である憲法改正や北朝鮮による拉致問題などに全力で取り組む考えだ。第1次安倍政権は短命に終わったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング