タリバン、強硬姿勢崩さず=米に協議再開要求も―アフガン

時事通信 / 2019年9月11日 16時16分

【ニューデリー時事】アフガニスタンの反政府勢力タリバンの広報担当者は10日、AFP通信に対し、アフガン政府の後ろ盾の米国がタリバンとの和平協議を中止したことについて、米国は「戦闘(継続)か協議か」を選ぶことになると述べた。米国の協議中止表明後、タリバンは国内で攻勢を強めており、一歩も引かない姿勢を示している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング