太陽系外惑星に水蒸気=初の確認、生命居住可能か―英研究

時事通信 / 2019年9月12日 19時22分

【ロンドン時事】太陽系の外にある惑星で、水蒸気の存在が初めて確認された。科学者らの研究チームによる論文が11日付で英科学誌ネイチャー・アストロノミーに掲載された。生命を支える水の発見で、地球外生命の探索などの今後の宇宙研究に弾みがつく可能性がある。水蒸気が見つかったのは、地球から約110光年離れたところにある「K2―18b」という惑星。重さは地球の約8倍で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング