イランとの首脳会談排除せず=サウジ石油施設攻撃後も―米

時事通信 / 2019年9月16日 6時22分

【ワシントン時事】コンウェー米大統領顧問は15日、FOXニュースのインタビューで、サウジアラビア東部の石油関連施設が攻撃されたことに関し、イランが黒幕だとする米政権の主張を繰り返しつつも、トランプ大統領が今月下旬の国連総会に合わせてイランのロウハニ大統領と会談する可能性を排除しなかった。コンウェー氏は、サウジへの攻撃が会談実現には寄与しないと指摘した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング