原油急騰、湾岸戦争以来=米、戦略備蓄放出を承認―サウジ生産半減で供給不安

時事通信 / 2019年9月16日 19時53分

【ロンドン、ニューヨーク時事】世界有数の産油国サウジアラビアが国営石油会社に対する無人機攻撃を受け、生産が半減する非常事態に直面した。国際石油市場では供給不安が強まり、原油相場が一時20%近く急騰。ロイター通信によると、1日の上昇率としては湾岸戦争が勃発した1991年以来約28年ぶりの大きさを記録した。サウジは当面、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング