東電、台風15号の被災者支援にEV40台=充電や照明に活用

時事通信 / 2019年9月16日 18時56分

台風15号の被害により千葉県内で停電が続いている問題で、東京電力ホールディングスは16日、被災者支援に役立てるため約40台の電気自動車(EV)を現地に追加派遣した。「動く蓄電池」として各家屋を訪問し、電子機器の充電や照明の提供といった任務に当たる。同社が停電時の支援にEVを活用するのは初めて。EVは通常の電源車に比べて小回りが利くほか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング