ボート遺体は殺人=胸、腹に刺し傷―千葉県警

時事通信 / 2019年9月19日 11時52分

千葉県銚子市の銚子マリーナで、モーターボートから年齢、性別不明の遺体が見つかった事件で、遺体の胸や腹などに多数の刺し傷があったことが19日、県警への取材で分かった。県警は殺人事件として銚子署に捜査本部を設置した。司法解剖の結果、遺体は30~50代くらいの女性で、身長は約157センチ。深さ15センチ以上の傷もあった。死後数カ月から1年以上経過しているとみられ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング