ボルトン氏、トランプ外交を批判=米朝交渉は「失敗の運命」

時事通信 / 2019年9月19日 14時11分

【ワシントン時事】米紙ポリティコ(電子版)は18日、トランプ大統領に解任されたボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が、非公開の席で政権の外交政策を厳しく批判したと報じた。対北朝鮮交渉やイランとの協議について「失敗する運命にある」と断じたという。ボルトン氏は18日昼、民間団体の会合で約60人を前に講演。出席者によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング