「証拠あったのに」と憤り=原発告訴団、控訴求める―東電旧経営陣裁判

時事通信 / 2019年9月19日 19時59分

東京電力の原発事故で旧経営陣3人に無罪判決が言い渡されたことを受け、事故の被害者でつくる福島原発告訴団も19日に記者会見した。団長の武藤類子さん(66)は「あれだけ証拠がありながら罪に問えないのか。裁判官は福島の被害に真摯(しんし)に向き合ったのか」と憤り、検察官役の指定弁護士に控訴するよう求めた。告訴団の一員で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング