中国の趙紫陽氏生誕100年=名誉回復なく、旧宅周辺厳戒

時事通信 / 2019年10月17日 14時22分

【北京時事】中国で1989年6月に学生らによる民主化運動が武力弾圧された天安門事件で失脚した改革派の趙紫陽元総書記が誕生し、17日に100年を迎えた。共産党政権は事件をタブー視しており、現在も趙氏の名誉回復は行われていない。北京の旧宅周辺は多数の私服警官が厳戒態勢で監視に当たっていた。天安門事件の発端は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング