女性ヘルパーに睡眠剤=わいせつ目的、無職男を書類送検―大阪府警

時事通信 / 2019年10月17日 15時45分

自宅で女性ヘルパーらに、わいせつ目的で睡眠導入剤を飲ませたとして、大阪府警捜査1課は17日、準強制わいせつ致傷容疑で、同府貝塚市の無職男(33)を書類送検した。同課によると「身体に触りたかった」と容疑を認めているという。女性は男の自宅を出て車を運転した際、意識がもうろうとして民家の塀に衝突し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング