7~9月の市民死傷者、最悪=アフガン紛争、大統領選影響か

時事通信 / 2019年10月17日 22時36分

【ニューデリー時事】国連アフガニスタン支援団(UNAMA)は17日、アフガン紛争で今年7~9月に市民1174人が死亡、3139人が負傷したと発表した。死傷者4313人は、統計を取り始めた2009年以降、四半期の記録として最悪。大統領選(9月28日実施)を前に、政府軍と反政府勢力タリバンとの衝突が激化したことが原因とみられている。特に7月は死傷者が1589人に上り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング