浸水工場から毒物流出=基準値の156倍―福島・郡山

時事通信 / 2019年10月19日 12時40分

福島県郡山市は19日、台風19号による阿武隈川の氾濫で浸水したメッキ工場から、猛毒のシアン化ナトリウムが流出したと発表した。側溝から排水基準(1リットル当たり0.5ミリグラム)の156倍に当たるシアン化合物を検出した。流出量は不明。16日には、付近の別の工場からもシアン化合物が流れ出たことが確認されている。流出したのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング