20年春闘要求もベア非公表=トヨタ労組が定期大会

時事通信 / 2019年10月19日 16時57分

トヨタ自動車労働組合(組合員約6万9000人)は19日、愛知県豊田市で定期大会を開き、2020年春闘に向けた運動方針を決めた。基本給を底上げするベースアップ(ベア)の要求額については19年春闘と同様に非公表とする方向だ。トヨタ労組の西野勝義執行委員長は定期大会で、労使を「車の両輪」と強調。大会後に記者団の取材に応じた古川貴之企画広報局局長はベア非公表の理由について「ベアだけが議論の焦点にならないようにするためだ」と述べた。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング