米朝首脳の「信頼は維持」=年内の態度変更要求―北朝鮮

時事通信 / 2019年10月24日 8時12分

【ソウル時事】北朝鮮の金桂冠外務省顧問は24日付の談話で、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の間で「信頼は依然として維持されている」と主張した上で、「米国がどのように年末を賢明に越すのか見てみたい」と述べ、非核化交渉で年内に態度を変えるよう米国に改めて迫った。朝鮮中央通信が伝えた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング