モラレス氏、メキシコ亡命へ=ボリビア大統領辞任で「生命の危機」

時事通信 / 2019年11月12日 7時30分

【サンパウロ時事】メキシコのエブラルド外相は11日、ボリビア大統領選挙不正をめぐる国内の混乱を受けて10日に大統領辞任を表明した反米左派のモラレス氏から亡命申請があったことを明らかにした。メキシコ側は受け入れるという。AFP通信によると、モラレス氏を乗せたメキシコの軍用機が11日夜、同国へ向けボリビアを出発した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング