「上司と飲酒」後運転、事故=巡査長を逮捕―愛知県警

時事通信 / 2019年11月12日 8時55分

愛知県警は12日、酒気帯びで車を運転し事故を起こしたなどとして、道交法違反(酒気帯び運転など)容疑で、県警一宮署生活安全課巡査長、鈴木政満容疑者(31)=岐阜県各務原市鵜沼羽場町=を逮捕した。「上司と酒を飲んでいた」と容疑を認めているという。逮捕容疑は、酒気を帯びた状態で11日午後9時半ごろ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング