自民有志、習主席の国賓来日に反対=尖閣・香港を理由に

時事通信 / 2019年11月13日 18時9分

自民党の保守派でつくる「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」は13日、来春に予定される中国の習近平国家主席の国賓としての来日に反対する声明をまとめ、岡田直樹官房副長官に申し入れた。声明では、中国による沖縄県・尖閣諸島沖への度重なる侵入や、香港デモへの対応を挙げ、「正しい日中関係構築のため、来日までに中国政府が具体的で明確な対応を取ること」を求めるよう、政府に要望。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング