ロヒンギャ迫害でスー・チー氏ら告発=人権団体などがアルゼンチン法廷に

時事通信 / 2019年11月14日 14時7分

【ブラジリア時事】ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャが治安部隊の迫害を受けて難民化している問題で、ロヒンギャや中南米の人権団体は13日、アウン・サン・スー・チー国家顧問を含むミャンマー高官をアルゼンチンの法廷に告発した。AFP通信が伝えた。アルゼンチン憲法は戦争犯罪や人道犯罪を国境の枠に縛られずに裁く「普遍的管轄権」を認めている。告発に加わった弁護士は「集団虐殺の犯人や共犯者、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング