「悲しい記憶、消えない」=遺族が手記、奈良女児殺害15年

時事通信 / 2019年11月17日 2時2分

2004年に奈良市の小学1年有山楓ちゃん=当時(7)=が誘拐、殺害された事件は17日、発生から15年を迎えた。楓ちゃんの父茂樹さん(45)は奈良県警を通じて手記を公表し、「何年経ってもあの日の悲しい記憶は消えることはありません」などと思いをつづった。全文は次の通り。楓がいなくなって15年が経ちますが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング